福田屋のこだわり

弊社ホームページをご覧いただき、誠にありがとうございます。

 

福田屋は、大正2年(1913年)初代福田兵次郎が松江市中原町に開業したのが始まりでございます。

 

そして2代目福田久蔵は松江の老舗盛大堂様より江戸時代から伝わる伝統銘菓「柚餅子(ゆべし)」を継承し、現在に至るまで弊社の看板商品となっています。

 

3代目私、福田正義は百余年の伝統の重みを受け継ぎ、看板商品の柚餅子は地元島根県益田市美都町の柚子を使用するなど、原材料を出来るだけ地元・国産にこだわり、安心・安全なお菓子作りを目指しております。

 

地元島根をはじめ、全国のお客様よりお問合せをいただき有難うございます。今後もお菓子作りに社員一同精進して参りますので、お引き立ての程よろしくお願い申し上げます。

kao

株式会社福田屋 代表取締役 福田 正義

▲ このページのトップへ